「お財布にも体にも優しい手作りスポーツドリンク」

熱中症の予防や風邪をひいたり体が弱っている時に飲むと効果的なスポーツドリンク

しかし市販のものは買い続けるとお財布も厳しいし、添加物も気になります。

実はスポーツドリンクは低コスト・無添加でお家で簡単に作ることができるんですよ。

手作りスポーツドリンクの材料と作り方

★材料(1リットル分)

…1リットル

砂糖(ハチミツでも可)…大さじ4(40g)

…小さじ1/2(3g)

レモン果汁…大さじ1~2

※はちみつを使う場合は、1歳未満の乳児には与えないでください

★作り方(ドリンクボトルやペットボトルを利用)

分量の水200mlを少し温めてボトルに入れ、砂糖と塩を溶かす

残りの水とレモン果汁を入れてよく混ぜる

手作りスポーツドリンクの完成!

今回は小さめのペットボトルに材料の半量の500mlで作りました。

レモン果汁は入れなくてもできるのですが、爽やかで飲みやすくなってレモンのクエン酸で疲労回復効果もあるので入れるのがおすすめです。

砂糖と塩のバランス

砂糖の量の多さに驚いたり、飲んでみると少し甘いと感じるかもしれません。

砂糖を減らせばいいのでは…とつい思ってしまいますが、糖分と塩分のバランスは水分の吸収率を高めるうえで重要なので安易に減らせばいいということではありません。

塩分濃度は濃すぎてもも薄すぎても吸収が悪くなります。

熱中症予防や風邪や胃腸が弱っている時にも

手作りスポーツドリンクは飲む点滴とも呼ばれています。

熱中症予防や風邪をひいている時、胃腸が弱っていて食べるのが辛い時にも活躍します。

家にある材料ですぐに作ることができるので買い置きの必要もありません。

お財布にも体にも優しい手作りスポーツドリンク、ぜひ試してみてくださいね。