「書き損じハガキは手数料を払えば郵便局で交換してもらえます」

年賀状を作成するときは普段あまり使わない年賀状ソフトにプリンターに四苦八苦しますよね(私だけ?)。
そうすると毎年やっぱり何枚かは書き損じハガキが出てしまいます。
そんなときも捨ててしまわないで郵便局へ持って行きましょう!

書き損じハガキは郵便局で交換してもらえます

1番多いのが年賀状の書き損じなので、その場合はちゃっかりお年玉くじをチェックしてから交換します。
今年は書き損じハガキの中にお年玉くじが当たっているものがありました。
もちろん切手シートをもらってからの交換です!

今回は3枚の書き損じ年賀ハガキを交換してもらうことにしました。
切手などを売っている窓口で「書き損じハガキの交換をお願いします」と言えば対応してもらえます。
ハガキ1枚につき5円の手数料がかかりますが、そのまま捨ててしまうよりはいいですよね!

交換はハガキと切手のどちらでも可能なので、私は懸賞によく使う52円切手3枚に交換してもらいました。

15円の手数料で3枚の切手に交換できました。
ほんの少しの事ですが、懸賞で切手をよく使うので助かります!
書き損じではない余った年賀状はもちろん懸賞に使います。
ハガキや切手をよく使う方は書き損じハガキを郵便局で交換してみてはいかがでしょうか?