「タニカ電器のヨーグルティアで明治R-1ヨーグルトを手作り(ドリンクタイプ使用)」

タニカ電器から販売されている大人気のヨーグルトメーカーヨーグルティア

簡単に市販品の約1/5のコストでヨーグルトを作ることができるので、わが家で大活躍しています。

今回は人気のヨーグルト明治R-1ヨーグルト(ドリンクタイプ使用)を使ってヨーグルトを作りたいと思います。

★タニカ電器ヨーグルティアの紹介の記事はこちら

★手作り明治R-1ヨーグルト(固形タイプ)の記事はこちら

免疫力アップにも効果がある明治R-1ヨーグルト

明治R-1ヨーグルトは大人気でスーパーでもずらりと並んでいますよね。

人気の秘密は免疫力をアップさせるNK細胞を活性化させてくれるところです。

インフルエンザ対策にもなり、R-1ヨーグルトを飲んでいるとインフルエンザの感染率が大幅に下がったというデータもあります。

他にも腸内環境を整えたり花粉症の改善などの素晴らしい効果があります。

しかしなかなかいいお値段なので毎日続けるとなるとお財布事情が気になるところ…。

どうしたものかと考えた結果、R-1を自宅で作るべくタニカ電器のヨーグルティアを購入したのでした。

ヨーグルティアで明治R-1ヨーグルト(ドリンクタイプ使用)を作ってみました

R-1ヨーグルトを作るためのレシピはネットで調べるとたくさん出てくるのですが、私は様々なレシピを紹介しているタニカブログのレシピで作っています。

タニカさんがR-1の特許を参考に作成したレシピでさっそく作ってみましょう!

手作りR-1ヨーグルトの材料

 

材料
・R-1ヨーグルト半分(ドリンクタイププレーン) 56㏄

・牛乳(種類別が牛乳のもの) 1000ml

・砂糖 30グラム

・スキムミルク 10グラム

砂糖は乳酸菌を増やす効果があります。

砂糖を入れるのでR-1ヨーグルトは半分の量でいいようですが、全量入れても作ることができます。

私は残りの半分は冷蔵庫でとっておいて次回作る時に使っています。

スキムミルクと砂糖は入れなくても作ることができますよ。

ハンドソープで手をしっかりと洗ってから作っていきます!

手作りR-1ヨーグルト(ドリンクタイプ使用)の作り方

水を入れた内容器、内ぶた、ヨーグルトスプーンをレンジで熱湯消毒。

牛乳をレンジの600Wで3分温める。温めたほうが発酵がスムーズに進みます。

ほんのり温かくなるだけで、爆発はしませんのでご安心を。


砂糖、スキムミルクを内容器に入れる。

温めた牛乳を3分の1ほど内容器に入れて砂糖、スキムミルクをよく溶かす。

R-1ヨーグルトを入れてよく混ぜる。

残りの牛乳を入れてムラができないようにしっかりと混ぜる。

容器に入れ、温度(43度)と時間(10時間)を設定してスタートボタンを押す。

発酵終了後、冷蔵庫に入れて2時間以上冷やす。

発酵温度と時間について

温度43度、時間は10時間で設定しています。

タニカのレシピでは7時間なのですが、様々なR-1のレシピを調べると7~12時間の間でまちまちだったので、間をとって10時間で作っています。

ちなみに7、10、12時間とそれぞれ作りましたが、全てしっかりと固まりました。

発酵時間が長いと酸味が強くなるので、お好みで発酵時間を選んでもいいかもしれません。

私が持っているタイプは発酵終了ブザーが付いていないので、スマホのアラームを利用しています。

簡単においしいヨーグルトが完成します

このレシピで作って固まらなかったなどの失敗は1度もなく、毎回きちんと完成しています。

作る時に砂糖は入れていますが、甘みは控えめなのでお好みでハチミツジャムなどをトッピングして食べるとよりおいしく食べることができますよ。

手作りヨーグルトの賞味期限と新たな種菌について

手作りヨーグルトの賞味期限は牛乳の賞味期限が目安とのことですが、1週間ほどで食べきるのがおすすめです。

作ったヨーグルトを種菌に次のヨーグルトを作ることもできますが、私は種菌が弱くなるのと衛生面から毎回新しい種菌(R-1ヨーグルト)を使用しています。

ヨーグルティアでR-1ヨーグルト(ドリンクタイプ)を作ったまとめ

ドリンクタイプなので牛乳と混ぜやすく、ダマになることもないので作りやすくておすすめです。

1回作るのに半分の量でいいのも経済的ですね!

固形タイプで作るよりも酸味は抑えられているように感じます。

完成まで時間がかかるので私は毎回、朝に仕込んで夜の完成後に一晩冷やして翌朝食べるというパターンにしています。

R-1菌がどこまで再現されているかハッキリとはわかりませんが、毎日おいしく食べることができているので満足しています。