「レンジで簡単!ホワイトソースの作り方」

グラタンなどにはかかせないホワイトソース。

お店で買うとなるとなかなかいいお値段で、必要な分量を買うのはけっこう難しいですよね。

ホワイトソースをお家で余りがちな材料でレンジで簡単に作る方法があります!

レンジで簡単!ホワイトソースの材料

メインとなる材料は小麦粉・牛乳・バターの3点です。

どれもお家に常備していることが多いものばかりですよね。

お好みの分量で作ることができます

私はよくカップ2の分量で作るのですが、ドリア3皿にかけるぐらいの量を作ることができます。

グラタンやたっぷりとホワイトソースをかけたい場合は、1人分に対して1カップでもいいかもしれません。

レンジで簡単!ホワイトソースの作り方

①深めの容器(ボウルや丼ぶりなど)に小麦粉とバターを入れ、レンジ(600w)で分量ごとの時間で加熱します。

1カップ→約1分10秒・2カップ→約1分40秒・3カップ→約2分

②小麦粉とバターをレンジ後、泡だて器やお箸でよく混ぜます。

③牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜます。

私は牛乳を半量ずつ入れて、レンジは2回(2カップの場合は3分ずつ)に分けて加熱しています。

最初に牛乳を混ぜた時点では少し分離する感じになりますが、そのままで大丈夫です。

④レンジ(600W)で分量ごとの時間を2~3回に分けて加熱します。

1カップ→4分(2分×2)・2カップ→6分(3分×2)・3カップ→10~12分(3分×4など)

1回目のレンジが終わった後によく混ぜてから、残りの牛乳を入れてよく混ぜ、もう1度レンジします。

牛乳が半量の時に混ぜた時はもったりとしていて、ダマのように見えますが、気にせず混ぜ続けてください。

⑤全ての牛乳を入れて加熱後、よく混ぜてから塩・こしょうで味を整えれば完成です!

できてすぐの熱々の状態の時はサラッとした感じですが、冷めてくるととろみが出てきます。

手作りホワイトソースはグラタンに、ドリアに大活躍!

お鍋でベーコンや玉ねぎなどの具材を炒めておいて、作ったホワイトソースを入れて混ぜればおいしいグラタンソースが出来上がります。

ベーコンなどは塩気があるので、この時点で味を整えてもいいですね。

魚介類やきのこなど、自分好みでアレンジしてみましょう。

余ってしまったホワイトソースは冷凍保存も可能です

余ってしまったホワイトソースは保存袋やラップで包んで冷凍保存をすることも可能です。

ラップで包むときは、冷めて少し硬くなったタイミングで包むとやりやすいですよ。

解凍するときは自然解凍かレンジの解凍機能を使うのがおすすめです。

少ない材料で簡単に作ることができるのでおすすめです!

レンジで簡単!ホワイトソースは、少ない材料で簡単に作ることができるのでおすすめです!

牛乳やバターの賞味期限が迫っている時に作っておいて、冷凍保存をすることもできます。

お家によくある材料で作ることができるので、ぜひ試してみてくださいね♪