「牛乳パックをまな板の上に敷くと節約と時短になります」

みなさん、飲んだ後の牛乳パックはどうされていますか?

リサイクルとして回収しているところも多いのでそれに出している方も多いかと思います。

リサイクルももちろんいいのですが、家で再利用すれば節約と時短になりますよ。

牛乳パックをまな板の上に敷くと節約と時短になります

まな板の上に牛乳パックを敷いてからを切れば、まな板を洗いなおしたり漂白したりする必要がないので水と洗剤の節約時短になりますよ。

飲み物が入っていたくらいなので内側は水に強く衛生的で丈夫で、少し包丁があたったくらいではビクともしません。

少しだけ食材を切りたいときは、まな板なしで牛乳パックだけで切ることもあります。

牛乳パックの使い方

空になった牛乳パックをよく洗って乾かしてから、ハサミで切って開いていきます。

底は切り落として、2つに切り分けます。


パックの内側を上にしてまな板の上に置いてを切る時に使用します。

ニンニクや長芋など、匂いのあるものやネバネバするものを切る時にも便利です。

肉や魚やニンニクを切ると菌や匂いうつりが心配なのですが、これを敷けば切った後は捨てるだけなので問題なしです。

牛乳パックは100均で買ったCDケースを包丁の横に貼って、そこに入れています。

欲しいときにパッと使うことができて便利ですよ。

牛乳パックは他にも色々と使えます

牛乳パックは食材を切る時以外にも色々と使えて便利です。

ちょっと食材を置いておくのにお皿を出すと洗い物が…というときもこのパックの上に置くことができます。

私は衣を付けたトンカツなどを置いておくのにも使っています。

他にも使った後のお玉やフライ返しなどを置いておくのにも使えますよ。

牛乳パックを使って家事をラクにしましょう

家事は毎日の事なので少しでもラクにしたいですよね。

家にある牛乳パックを再利用するだけなので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。