「ご飯は冷凍すれば賞味期限もおいしさも長持ちします」

炊きたてご飯はおいしいですが、食べきれずにどうしても余ってしまいますよね。

冷蔵保存や炊飯器で保温すると電気代もかかるし、ご飯がパサついてしまいます。

そんな時は、ご飯の冷凍保存がおすすめですよ!

ご飯の冷凍保存はメリットがたくさん!


炊飯器で1合炊くのも3合炊くのも電気代はほとんど変わらないので、一気に炊く方が経済的でいちいち炊く手間も省けます

ご飯を冷凍すると賞味期限もおいしさも長持ちするので、いつでもおいしいご飯を食べることができます。

疲れた時も冷凍ご飯があれば、お弁当ではなくおかずだけを買えばいいので食費の節約にもなりますよ。

ご飯をおいしく冷凍保存する方法

ご飯を冷凍するときは炊きたてのご飯を蒸気ごと包むことで、解凍した時にふっくらとおいしく食べることができます。

1食ずつ分けて冷凍保存するのですが、専用の保存容器があると量もわかりやすくて解凍するときも便利です。

ラップで包んで保存する場合は、あまりギュッと押し付けずに空気をしっかりと抜いて平らにして包みます。

白ご飯だけでなく炊き込みご飯やもち麦や十五穀米などの雑穀米も冷凍していますが、冷凍保存しても問題なくおいしくいただけます。

ご飯のあら熱が取れたら素早く冷凍するのがおいしさを保つコツなので、冷凍庫に金属トレーがある場合はそこに置いて、無い場合はアルミホイルを敷いてその上で冷凍するのがおすすめです。

冷凍ご飯をおいしく食べるための解凍方法

食材などを冷凍した場合は自然解凍やレンジの解凍機能を使いますが、ご飯の場合は余計な水分が出てしまうので加熱解凍となります。

専用容器の場合は蒸気弁を開けて、ラップの場合はそのままレンジで加熱解凍します。

だいたい150g~200gのご飯で600W3分ほどで解凍できます。

取り出してみてまだ冷たい場合は20~30秒ほど追加で加熱します。

レンジをし過ぎると水分が出てベタッとしてしまうので、気をつけましょう。

冷凍したご飯の賞味期限

冷凍したご飯の賞味期限は2週間~1ヶ月です。

炊き込みご飯などは具材が入っているので、2週間ほどで食べ切るほうがよさそうです。

白米の場合もおいしく食べるにはなるべく3週間ほどで食べきるのがおすすめです。

ご飯の冷凍保存、おすすめです!

ご飯の冷凍は光熱費や食費の節約にもなるし、炊いたご飯を最後までおいしく食べることができるのでおすすめです。

家で食べるだけでなく、お弁当に使ってもおいしく食べることができますよ。

冷凍する前にフリカケをまぶしたり、具材を入れておにぎりにしておくのもいいですね。

保存と解凍のコツを覚えておいしい冷凍ご飯を作りましょう!