「茹でたパスタの冷凍保存の方法&使い方」

冷凍そばや冷凍うどんはよくあるけれど、冷凍パスタはあまり見かけないですよね。

冷凍パスタが売っていたらけっこう需要があると思うのですが…。

パスタを茹でるのもけっこう手間がかかるので、いつも多めに茹でて冷凍保存しましょう!

茹でたパスタの冷凍保存の方法

パスタを茹でるのは以前ご紹介したレンジで茹でるパスタ容器を使っています。

★レンジで茹でるパスタ容器の記事はこちら

茹でたパスタの冷凍保存の方法

パスタを茹で終わったら流水でぬめりを洗い流してから、しっかりと水けをきります。

②オリーブオイルをかけてよく混ぜてパスタ全体にからませます。(乾燥と麺同士のくっつきを防止)

③1食分をサランラップの上にのせます。

空気をしっかりと抜きながらラップでピッタリと包みます。

⑤保存袋に入れて冷凍庫に入れます。

冷凍保存したパスタの解凍方法

冷凍保存後に食べるときは、沸騰したお湯の中に入れてほぐすのがおすすめです。

茹でることでパスタのモチッと感も残るので、よりおいしく食べることができます。

レンジでの解凍もできますが、中まで解凍するのが難しくて水分が飛んでしまったりします。

冷凍保存したパスタの賞味期限

冷凍保存したパスタの賞味期限は約1ヶ月です。

それ以上でも保存はできますが、おいしく食べるためには1ヶ月以内に食べるのがおすすめです。

冷凍パスタは節約と時短になります

時間のある時に冷凍パスタを作っておけば、忙しいときもサッと解凍するだけでおいしいパスタが食べられます。

一気に茹でておくことでガスの節約にもなります。

冷凍パスタがあればすぐに食事を作ることができるので、外食費の節約にもなりますね。

自家製冷凍パスタは節約時短になるのでおすすめです!